« KEITAI | トップページ | 島ひきおに »

けんか祭り

Imag7867 今日、4月20日は、岩美町田後・春の大祭(たいさい)の日。伝統の勇壮なけんか祭りとしても有名で、今回は平日で時折小雨の降る寒い日にもかかわらず、テレビ・新聞なども取材に訪れる。
 御船(みふね)と御輿(みこし)をぶつけ合い、どちらがどれだけ壊れたか、その壊れ具合でその年の漁の安全と豊漁を占い、祈願する。
 今年ぼくは獅子を担当することになった。それがこのあと、2時から。・・・では、行ってきます(^^;

DVD KANKURO 5 FINAL~五代目 中村勘九郎 最後の「連獅子」~

販売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2005/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« KEITAI | トップページ | 島ひきおに »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今年の壊れ具合はどうでしたか?
御輿と御船と、それからみゆうさんも。

投稿: かあたん | 2006年4月21日 (金) 21時16分

今年は、御船の方が大破って言っていいくらいめちゃめちゃに壊れました。御輿の方が安泰だった年は、「家内安全」なんだそうです。ただ、古い船頭たちはバキバキバキッと音を立てて船が壊れるたびに渋い顔をしてましたね。
ぼくは、獅子頭をかぶって村の4分の1ほどを歩きました。肩と頭が痛く、腕がだるくなりました。
後ろの足を担当した兄さんは「あんまりえらげだと途中で代わったらあと思っとったけど、ようがんばったな(苦しそうだったら途中で代わるつもりだったが、よくがんばった)」と最後にねぎらってくれました。

投稿: みゆう | 2006年4月22日 (土) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86726/1477052

この記事へのトラックバック一覧です: けんか祭り:

« KEITAI | トップページ | 島ひきおに »