« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

参加して楽しい

音楽イベントに参加して楽しい、というのは演奏する立場としては
意味があることだと思う。何回か企画実施したオカリーナ発表会
などはその最たるもので、その上で聞きにきてくれた人に
「よかったよ」と言ってもらえると望外の喜びだったりする。

ただどうだろう。音楽を演奏するということは自分が楽しむという
ことでは済まないのではないか。

伝えたい。聞いてもらいたいという想いを実現したい。

最近はこの気持ちが強い。いや、もともとほんの1曲だって
かまやしない。ほんの一瞬だってかまやしない。想いを伝え合い、
共有したい。

どんなに大きなイベントだろうと、どんなにレベルの高い演奏だろうと
心を込めた、伝わる演奏でなければつまらないと思う。

本当に泣きたいくらい、音楽に生きたい。心から、ひとつひとつの
音楽を一人でも多くの人に生の演奏を通じて伝えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の時間

今日はまたすばらしい音楽と出会うことができた。

鳥取県倉吉市で毎年開催されているアザレアのまち音楽祭の
ひとつである、寺内智子さんのソプラノ・コンサートを聴いた。
ぴんと張りつめた緊張感も心地よい。心から楽しませてもらった。
このようなすてきなコンサートがたったの700円というのも
にわかには信じがたい。今後自分自身がどんな場所で
オカリーナを演奏しようとも心を込めずにはいられない。
そんな気持ちになった。

にわかには、そんなに上達はしないだろうが、音楽に寄せる
思いは前よりずっと大切になった。いつかは、同じ視線の先を
見たいと切に願う。

それにしてもこの出会いは大きい。選曲もすばらしかった。
幸運に感謝したい。

小山京子のオカリーナ合奏曲集 (運指・解説付き) Book 小山京子のオカリーナ合奏曲集 (運指・解説付き)

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしりが痛い

Bluecar 連休である。おしりが痛い。
 かつてはバイクに一日中乗ってておしりが痛くなったりした。
 今日は、遊具のある公園で子どもたちと長いローラー滑り台で何度も何度もすべったのだ。

 写真のクルマは何日か前に鳥取市内で見かけた。古い外車のワゴン。青い色が気持ちよさそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電波塔

Imag7878 個人的には、コードのない「無線通信」に寄せる期待は大きい。ヘッドフォンにしてもパソコンの周辺機器にしても配線のわずらわしさから早く解放されたいと思う。
 「コードレス」というと、身近なところでは、家電製品のリモコン、コードレス電話などがあるが、ほんの十数年くらい前まで「無線」といえば、「アマチュア無線」か「船舶無線」が思い浮かぶのが関の山だった。
 ところが、携帯電話、無線LAN、ゲーム機の無線化が進み、GPSが普及し、ここにきて、「無線通信」はぐっと身近になった。
 身近になった背景には、それだけの設備が急速に作られているという現状がある。
 この写真は、鳥取市郊外の民家の近くに2本の電波塔が隣接して建てられているのを撮影したものである。ここから百メートルくらいのところ、数百メートルくらいのところにも別々の電波塔が建っている。いずれもここ数年のうちに建てられたものだ。
 中国電力の変電所の建設ではもめにもめている鳥取市だが、電波塔の建設については市民の関心も低い。住民の反対があったというようなことも聞かない。
 ほかの都市ではどうなのだろうか。電磁波の影響はないのだろうか。
 電話会社などの無線設備を所有する会社にしてみれば、むしろ需要があるから、というのが現状であろう。「電波が弱い」「ここは圏外になる」「つながりにくい」そうした苦情の方が多く寄せられているだろうと言うことは予想がつく。

 でもなあ・・・。いっちゃん気になるのは、鳥の姿が変わったなあってこと。どこにでも見られたスズメはごく限られた場所でしか見られなくなったし、去年くらいからツバメがいろんな種類が来るようになったで。ムクドリやカラスは大発生するし、ハトも最近減ったような気がするんだけど。いやまあ、電波塔のせいやないとは思うけどな。でも全然関係ないんかなあ。

BUFFALO WHR-G54S/P 無線LAN CE BUFFALO WHR-G54S/P 無線LAN

販売元:バッファロー
発売日:2005/08/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »