« 地酒のような音楽 | トップページ | 調律を待つピアノ~施設の片隅で~ »

違いを認め合う社会へ

金子みすゞの言葉を借りなくても、みんな違ってみんないいのが、
正常な社会なのだと思う。

それが、違いをなくそうとする際限ない営みを社会が担うようになってきて、
なんだかおかしいと思うのだ。

違いはもともとあるものだ。子ども時代にぼうっとしている子や、
いつも喧嘩で勝つ子どもがいていいのだ。

叩く親や先生、涙もろい大人たち、いろいろあっていいのだ。

違いを認め合えないときに、差別や偏見が生まれるのだと思う。

違いはあっていい。認め合って、時には喧嘩するのもいいだろう。

それでも人間は愚かだから、つい必要以上に戦ってしまう。
だから、武器は捨てよう。戦争は喧嘩じゃない。

Is normal what all are different, and is good all even if do not borrow the words of Misuzu Kaneko; think that social.

Society comes to take the working that does not have the end that is going to get rid of a difference, and it thinks that it is somewhat strange.

Originally there is the difference. There may be the child who is absentminded in the child times and a child to always beat by a quarrel.

I cut off a parent and a teacher, a maudlin adult to beat and may meet in various ways.

When I cannot recognize a difference, I think that discrimination and prejudice are born.

You may be different. I recognize it, and it will be good to sometimes quarrel.

I still fight just more than required because a human being is stupid.
Therefore I will throw away the weapon. War is not a quarrel.

|

« 地酒のような音楽 | トップページ | 調律を待つピアノ~施設の片隅で~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86726/37869695

この記事へのトラックバック一覧です: 違いを認め合う社会へ:

« 地酒のような音楽 | トップページ | 調律を待つピアノ~施設の片隅で~ »