« スパムが来て思い出す | トップページ | 地酒のような音楽 »

私たちが等しく同じ時代に生きているということ

今、生きている現代のすべての人は、同じ時代を共有している
という事実から逃れることができない。
年齢や、出自に何の意味があろうか。もちろん、どう生きているかは大いに意味がある。
それは、年齢や出自ではなく、一人ひとりに意味がある。

どんな社会で生きていようとも、人間は一人ひとりに意味がある。
一度、年齢や出自の「くくり」を捨てて、等しく同じ時代に生きている者として、
お互いに見つめ合ってはいかがだろうか。

今、起きているすべての出来事が一人ひとりの個人のことなのか、
何か別の要因から起きていることなのか。

社会を社会として、国家を国家として見つめ、個人を個人として
見つめたとき。何の隔たりもなく、一人ひとりを心から見つめることが
できるのだと思う。それは、生でも死でもない。

All living modern people cannot escape from a fact to share the same times now.
What meaning will there be in age and blood relationship? Of course there is a meaning very much how you live.
It has a meaning to each one not age and blood relationship.

The human being has a meaning to each one to live in any kind of society.
Of once, age and the blood relationship "bind" it, and throw it away, and how will about it を when stare as a person living in the same times each other equally?

Is it to be up from a factor according to something now whether all taking place events are each person's individuals?

When I stared at the nation nationally as society in society and stared at the individual as an individual. Without any difference, I think that I can stare at each one heartily. It is not death directly either.

|

« スパムが来て思い出す | トップページ | 地酒のような音楽 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86726/37829025

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちが等しく同じ時代に生きているということ:

« スパムが来て思い出す | トップページ | 地酒のような音楽 »