« 違いを認め合う社会へ | トップページ

調律を待つピアノ~施設の片隅で~

ピアノ 本番のステージでは、練習でも使いこんで、いつも自分の弾き慣れた楽器で演奏する。そんな当たり前のことが実は、なかなかできないのが、ピアノです。

「楽器の王様」と呼ばれたりするのに、現実は、そこに備え付けの楽器に頼らざるを得ない。しかも、ぶっつけ本番のこともあるし、リハーサルでやっと初対面だったりする。それでもそれが、コンサート・ホールやよくイベントで使われる会場にあるピアノなら、いいんだけど、老人ホームや公共の施設などのピアノの状態は、どうかというと、長い間調律もされず、手入れもされていないこともしばしば。

思うに、ふだん演奏、音楽活動に縁のない人にとって、「ピアノの調律」というのは、「未知のこと」なのかも知れない。それは、特別のプロのコンサートにだけ必要な、それも立派なコンサート・グランドピアノで・・・と。だから、ここにあるピアノには関係ない。予算もないからと。

でも実際には、ピアノにとって、当たり前のこと。最低限必要なこと。ギタリストが、演奏前にきゅるきゅる、ぼーんぼーんと弦の音を合わせている光景を見たことがあるだろう。それも、当り前の光景。オーケストラで、オーボエがAの音を鳴らし、コンサートマスターが音を鳴らす。それに従いオーケストラ全体がさまざまな音を奏でる。「音を合わせる」ということは、演奏前に当たり前に行われること、それが、ピアノでは「調律」になる。

ただ、もちろん、たった6本のギターでもしばし時間がかかること。鍵盤が88鍵あって、さらにひとつの鍵盤には、2~3本の弦が張ってある。ピアノの「調律」は、技術も必要だし、時間がかかること。

老人ホームや障害者施設などに行くと、篤志家から寄付されたピアノが置いてあったりする。真新しいものや、使いこなされた古いものなど。それがいつもたいてい、調律されていないことが多い。「使っていないんですか?」と聞くと、そうではないらしい。歌を歌ったり、ボランティアで演奏されたりする。

私たちが訪問演奏を企画する時、これまでは、仕方なく、電子ピアノを持ち込むことが多かった。なにしろこういう施設では、ほとんどギャラが出ない。持ち込むにしても、音響代も出ないのだから、(出していただくこともあります。感謝してます。)調律だけはしてもらえないだろうかと、まずはお願いする。その必要性があるんだと伝える。出来る限りの誠意をもって。そしてもちろん、調律していただけるケースもある。でも、なかなか。

これからは、そこにピアノがあるなら、最初から調律代の出費を覚悟して、できるだけ、生のピアノの音を聞いてもらおうと思っている。そのうえで、「こういうことをしています。ピアノの調律をやっています。」ということを一人ひとりに伝えていこうと思っている。ピアノにとって、最低限これが必要なことだということに、一人でも多くの人が気づくように。いや、もちろん、必要だと思っていても、費用がかかることだから、「予算が出ない」「上の人が認めてくれない」と、二の足を踏んでいたのが現実。それでも、そうじゃなく、調律してほしい。生かしてほしいと伝えたい。ピアノは調律を待っています。

そのための寄付、カンパを、代表をしている岩美オカリーナ・クラブで、募っています。

|

« 違いを認め合う社会へ | トップページ

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86726/41221177

この記事へのトラックバック一覧です: 調律を待つピアノ~施設の片隅で~:

« 違いを認め合う社会へ | トップページ