« 35万キロ走ってて、何ともない? | トップページ | クルマ社会はいつもニアミス »

T型フォードは、1908年に発売された

 T型フォードより前に、日本で蒸気自動車が作られ、1907年にはガソリン自動車が作られているというのは意外だった。ニッポン、すごいじゃん。

 その時代から、やっと100年とちょっと。さらに、それまでの約100年をさかのぼると、蒸気機関車の時代が続いていたわけだ。人々や物資の長距離の移動は、鉄路に頼っていた時代が長くあった。

 それ以前は、世界中どこでも、馬、牛がその役割を担っていた。

◆スポンサードリンク

 さてはて、これから、どうなるのかな。当面は、ハイブリッド、電気自動車かな。それから、空を飛ぶ自動車だろうか。はたまた、逆に極端に移動しない暮らしが始まるんだろうか。もしかしたら、国内だけでなく海外にもぽんぽん行ったり来たりするビジネスマンと、自宅周辺で仕事もプライベートも完結してしまう人と、両極端に分かれるのかもしれない。

 運転免許証を取得しない若者が増えているそうだ。必然性が薄れている。クルマも買わない。彼らは、今後、何を選択するのだろう。

 結局のところ、ミニバイクか、自転車かなあ。電動バイクをシェアするとか。発想が貧困だろうか。今が移動する生活をしているので、急に移動しない生活というのは、難しいかもしれない。

カレンダー2018 李家幽竹 パワースポット 飾れば強運が満ちてくる! (ヤマケイカレンダー2018)

新品価格
¥1,296から
(2017/10/11 01:29時点)

« 35万キロ走ってて、何ともない? | トップページ | クルマ社会はいつもニアミス »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86726/71936800

この記事へのトラックバック一覧です: T型フォードは、1908年に発売された:

« 35万キロ走ってて、何ともない? | トップページ | クルマ社会はいつもニアミス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ