初動負荷トレーニング

「初動負荷トレーニング」で有名な小山裕史さんの講演を
聞く機会があった。

ためになるというか、目からウロコの連続であった。
運動能力に個人差があるのは、もともと持っている
個人差以上にトレーニング法や、運動そのものに
対する意識の差の方が大きいのではないかと
はっきり自覚することができた。

かねてから疑問に思っていながら、誤った知識によって
曲解していた部分、見過ごしていたことを気持ちいい
くらいに解明してくれた。

その一、ウェイトトレーニングのあと、身体が固くなる。

だから柔軟やウォーミング・アップ、クールダウンが
必要なのだと教えられてきた。

だがそもそも無理な負荷運動が身体をだめにして
いたんだった。

その二、老化は筋肉の柔軟性が失われることに
よって進行していくということ。

老化することによって筋肉が柔軟性を失うのではなく、
筋肉が柔軟性を失うことによって老化するのだ。

小山さんの講演を聴いて、もしかしたら、もっともっと
見過ごしていたことがありはしないかと
自分の先入観やこれまでの価値観にとらわれすぎている
部分がないかと見直したいと考えさせられた。

余談だが、この方の名前、裕史(やすし)さんだが、
何度か「ゆうじさん」だったり、「ひろしさん」だったり、
訂正のないまま、主催者によって間違えられたり
したが、確かに読み間違えやすい名前かもしれない。

新トレーニング革命―初動負荷理論に基づくトレーニング体系の確立と展開 Book 新トレーニング革命―初動負荷理論に基づくトレーニング体系の確立と展開

著者:小山 裕史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

初動負荷理論による野球トレーニング革命 Book 初動負荷理論による野球トレーニング革命

著者:小山 裕史
販売元:ベースボールマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)