2017年11月、車検が通りました

 先日、ステップワゴンを車検に出しました。クルマやさんには、念のため、いろいろと点検して見ていただいたようで、「車検をお願いします。」と言ってから、クルマが帰ってくるまで、1週間ほどかかりました。

◆スポンサードリンク

 数日して、「20万円超えそうですけど、(車検を)どうしますか?」と電話がかかってきた。

 もちろん、信用しているクルマやさんなので、冗談を言っているのでも、大げさに言っているのでもないというのはわかっていたけど、ドキッとしました。どうするか。「とりあえず、車検を通すだけ、通してください。それから必要なところは直します。」と、そう伝えてまたしばらくして、1週間して戻ってきた。その間は4,000キロほど走った程度のミラ・イースの新車に代車として乗ってました。

Img_6907_4  帰ってきたときの走行距離は360,814キロ。月まで23,586キロ。

 その、20万円を超えそうだというのは、実は、車検以外の費用で、ほとんどがエンジンのオーバーホールに値するようなもので、あちこちのオイル漏れの修理にかかる費用になるようだ。

 これだけ費用がかかる、ということになると、本気で次のクルマを考えないとな・・・と思い、ネットでメーカーのホームページをいろいろと見てみたけど、無骨と言えるくらいシンプルで、飽きのこないデザインで、いざとなるとギターやキーボード、音響機材などの長い荷物が積めて、ふだん乗ってても楽しいクルマとなると、なかなか、ない。タイヤハウスが出っ張るのはどうしようもないけど、センターに出っ張りがなくて、フラットなのはとても助かる。他にないような気がする!

 中古車は考えていない。どっちみち中古でも20万円では満足なクルマは買えないし、たった20万円で36万キロも安全に快適に走ってきた『高級車』を買えるのだ〜と思えば、安いのだ。20万円かければピカピカではなくても、クルマも元気になるのだし。

田後90〜水平線の向こうに

宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC)

新品価格
¥637から
(2017/11/29 19:41時点)

鳥取〜大阪、日帰り

 朝8時半に出発して、途中高速を使い、鳥取・大阪を往復した。帰ってから、ガソリン満タンで、499km/42.19L。前回満タンにしたのは昨日の夜。なので、この距離には、少しばかり近所で用事をした走行も含まれる。このデータで久しぶりに燃費を計算してみたら、約11.83km/Lになった。まあまあじゃないか。現在までの総走行距離、356,869km。月まで27,531km。

◆スポンサードリンク

 タイヤは新しいし、ふだん整備をしていただいているので、大阪日帰りも心配はない。

 もちろん、車体がきしむ音だとか、いろんな音が出てくる。それにしても、クルマって長持ちしてくれるもんだな。また、点検をしていただいておこう。

 エンジンルーム内にある、ウォッシャー液のゴムホースは侵入した小動物にかじられて、外したままになっている。ウォッシャー液は出ない。停車したときに、まめにウィンドウを拭いてやると、フロントウィンドウは全面きれいなままだ。ワイパーが拭き取った跡だけキレイという状況にはならないので、これでいいような気がする。

 ウィンドウを拭いたウエスはすぐ洗っておくから、またいつでも使うことができる。

 最近、便利に感じているのが、充電式の携帯センサーライトだ。停車時に、ちょっとした灯りが欲しいときに室内灯を点けることがあったが、切れ忘れて点けっぱなしになることも、たまにある。ダッシュボード付近においておくと、好きな場所を照らすことができて重宝する。

 クルマは生活の一部だし、欠かせない空間として存在している。休憩したり、お茶を飲んだり、話をしたり、ギターの練習をしたりもする。

アスカ LED2WAYライト照度センターALCB14W(送料込・送料無料) (SKJX-KG-385355)

価格:2,837円
(2017/10/18 19:23時点)
感想(0件)

T型フォードは、1908年に発売された

 T型フォードより前に、日本で蒸気自動車が作られ、1907年にはガソリン自動車が作られているというのは意外だった。ニッポン、すごいじゃん。

 その時代から、やっと100年とちょっと。さらに、それまでの約100年をさかのぼると、蒸気機関車の時代が続いていたわけだ。人々や物資の長距離の移動は、鉄路に頼っていた時代が長くあった。

 それ以前は、世界中どこでも、馬、牛がその役割を担っていた。

◆スポンサードリンク

 さてはて、これから、どうなるのかな。当面は、ハイブリッド、電気自動車かな。それから、空を飛ぶ自動車だろうか。はたまた、逆に極端に移動しない暮らしが始まるんだろうか。もしかしたら、国内だけでなく海外にもぽんぽん行ったり来たりするビジネスマンと、自宅周辺で仕事もプライベートも完結してしまう人と、両極端に分かれるのかもしれない。

 運転免許証を取得しない若者が増えているそうだ。必然性が薄れている。クルマも買わない。彼らは、今後、何を選択するのだろう。

 結局のところ、ミニバイクか、自転車かなあ。電動バイクをシェアするとか。発想が貧困だろうか。今が移動する生活をしているので、急に移動しない生活というのは、難しいかもしれない。

カレンダー2018 李家幽竹 パワースポット 飾れば強運が満ちてくる! (ヤマケイカレンダー2018)

新品価格
¥1,296から
(2017/10/11 01:29時点)

35万キロ走ってて、何ともない?

 当然ながら、何ごともなく、35万キロ走ってきたわけではありません。さまざまなトラブルに見舞われてきたし「もうダメかなぁ、そろそろ買い替え時かなぁ。」と思った時期も何度かありました。特に車検時に想像以上に費用がかかると「どうですか、そろそろ。」とショップの人に言われたりもします。

◆スポンサードリンク

 オートロックが利かないとか、ドアがうまく閉まらないとか、いきなり蒸気が噴き出すとか、バッテリー上がり、パンク、バースト、カラカラ音が出る。へこみ、傷とか、フロントウィンドウも傷ついて車検が通らないので交換したし、タイヤ交換ももう数えきれないほど。

 今年に入ってからも、フロントサスを交換したし、今はパワーステアリングのエアーだかオイルだかのパイプが漏れていて、時々やかんの湯が沸いたときのようなシューというような音が出ます。

 その都度、あきらめずに修理して乗っています。今回も修理する予定です(現在、代車待ち)。

 20代の頃に乗ってたクルマが2サイクルのジムニーフルメタルドアで、ドアはあるけど、屋根がないというクルマで、そのドアのヒンジが錆びて壊れたので買い替えた経験があります。その後家族が出来、ファミリーカーを何台も乗り継いできました。それも思い返すと、なんで買い替えてきたのかなという思いがあります。

 さすがに2サイクルのジムニーはなかなか見かけませんが、当時の古いクルマはいくらでも走っています。今では、クルマはよほどのことがなければ買い替える必要がないんじゃないかと思っています。

ジムニー復活計画&DIYメンテ入門 2017年 11 月号 [雑誌]: オートメカニック 増刊

新品価格
¥1,350から
(2017/10/9 13:45時点)

http://tajiri90.com
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ